お金持ちが宝くじを買わないワケ

宝くじを買わない人がいます。
買わないと見れない億万長者の夢を、あくまでも夢だと言いきってしまう人がいます。
お金持ちなら、一度に何百枚も買えるから当選確率も10枚しか買わない人よりぐっと上がるはずなんです。なのに買わないというのは一体どうしてでしょうか。
それは宝くじの元々のシステムにあります。宝くじは、収益金の多くが地方公共団体へと渡ります。
300円を払って買いますが、その300円全てが当選した人に渡るわけではなく、当選金として使われるのは約46.5%でなんと半分以下なのです。
社会貢献のために買ってるんだよ!というのなら全然構いませんが、購入した時点で半分の権利を捨てているのが宝くじなのです。
お金持ちなら、こんな割の悪いものにお金を出すよりも、もっと有益な投資方法を選ぶというのが理由です。
例えば100万円で株を買ったとします。その株は購入した時点で評価額は46.5万円に落ちてしまいます。つまり半値以下になるということです。
しかも、その46.5万円自体が億に化ける可能性は非常に低く、ゼロになる可能性のほうが非常に高いのです。
株式でも会社が上場廃止や倒産した場合は株券が紙切れにはなってしまいますが、それでも買った宝くじが紙切れになるよりはずっと確率が低いはずです。
そんな購入者に不利なシステムが宝くじなのです。
ですから実際に億万長者であるのなら、もっと割のいい投資先があります。
宝くじはあくまでも、億万長者ではない人が、億万長者になれるかも知れない夢を見るためのチケットなのですね。

 

仕事をしていない専業主婦だと旦那の給料が全ての収入源なので、宝くじを買いたくなってしまいます。もっと確実にお金を手にする方法として、専業主婦でも借りれるカードローンなどもありますよ。