宝くじの当選金は非課税

宝くじが当たる前にこんな心配をするのも変でしょうが、もし何億もの宝くじが当選したとしたら税金はどうなるのでしょうか。
もしこれが普通の所得ならしっかり課税されますから、1億だとしても半分程を税金として支払う必要があります。
でも日本国内で発売されている宝くじの当選金においては「非課税」になるのです。つまり1億円当たったら1億円まるまるが自分のものになるわけですね。
そうはいっても、宝くじの半分は地方公共団体へ回りますからね。その点ですでに納税しているようなものでもあるんですけど。
どちらにしろ、当選金を受け取る時に税金の心配をする必要は全くありません。
ただ、よくある話ではありますが、高額当選したから身内に○万円あげた、親の家のローンの残債を払ってあげたなどという時には気をつけなくてはいけません。
当選した本人は非課税になりますが、そこから誰かに贈与した時には普通の贈与と同じくその人自身に贈与税がかかってきますので、あげたお金を全て使ってしまうと贈与税が後でかかってきてびっくりなんてことになりかねません。
贈与の非課税枠は年間110万円ですから、それ以上の額をあげる時には贈与税がかかってきますので注意しなくてはいけません。
また当選確率を上げるために共同購入しているグループなどの場合も、もし当選した時には受け取りにその全員が同席する必要があります。
でないと、受け取りに来た本人のみが非課税になってしまって、他の人は宝くじの非課税の恩恵が受けられなくなってしまうのです。
そんな勿体ないことはありませんから、グループ購入の時は気をつけなくてはいけません。